企業名簿リスト

「ダイレクトマーケティングにはターゲッティングが重要です。」

一概にダイレクトマーケティングと言っても、その手法は様々あります。ダイレクトメール、Eメール、テレマーケティング、FAXDM、インターネット広告などが主と言えます。
そしてターゲットのリスト化こそがその第一歩となります。
企業はリストを作るために、既存の顧客はもちろんのこと、無料やお得な特典付の様々なオファーを試みるなどの施行を行っています。
より濃度の濃いターゲットリストを作るためには多大なるコストが必要となります。

BtoBスタイルの営業活動で考えるとどうでしょうか。
例えば展示会に自社製品のブースを設置して興味を持ってくれたお客様と名刺交換をして、その後アプローチをかけるというやり方もあります。
この場合、ブース出店費、当日および準備への人件費、ブースでの様々な備品代などがコストとして考えられ、かなりのコストとなってしまいます。
しかし、担当者レベルでのターゲッティングが完了するのでかなり効果的なリストであると言えます。

他にはインターネットでgoogleやyahooなどの検索サイトを使って、自社の製品やサービスのニーズに合いそうな企業を手作業で探し、見つかった企業をExcelなどへのコピーアンドペーストでリスト化するという方法もあるかと思います。そのリストを使って電話などの営業をかけていくイメージでしょうか。これは無料のサービスを使うわけですから、一応は無料でリスト作成が可能です。

ですが、この作業は本質的には作業者の人件費、時間などがかなりのロスとなってしまいます。数時間作業してようやく100件、200件といった数のリストを作成できるでしょうか。
人件費に置き換えると10,000円以上はかかってきます。たった100件程度のリストと考えると、1件あたり100円ものコストがかかると考えられます。

その解決策として企業名簿を購入するという形はどうでしょうか。
地域や業種などでのセグメントはもちろんですが、資本金や従業員数などの企業規模でのセグメントも可能です。

法人名簿リストであれば、1件あたり20円程度がせいぜいなものです。
自分たちでインターネットを見てリスト化するよりも1/5以下のコストでダイレクトマーケティングが始められると考えれば、かなり安価な形で営業活動を始められるといえるでしょう。