建設業の法人向けマーケティング

建設業は日本国内における産業の中でも代表的な業種の一つとなります。法人数もかなりの企業があり、国土交通省の調査でも以下のような結果が出ております。

国土交通省では、毎年3月末時点における全国の建設業許可業者数を調査しています。
今般、平成29年3月末(28年度末)時点の事業者数がまとまりました。
本調査は、建設業許可業者数の動向を把握するため、昭和47年の許可制度の採用以来行っています。今回の調査結果の主なポイントは以下のとおりです。

・平成29年3月末現在の建設業許可業者数は465,454業者で、前年同月比▲2,181業者(▲0.5%)の減少で、2年連続の減少。
・平成28年6月1日施行により新設された解体工事業の許可は、13,798業者(全体の3.0%)が取得。

約46万社もの法人があると、そのマーケットの規模も非常に大きいものとなります。また、産業自体に限らず、その建設業界を対象としたサービス、商品、商材も多岐に渡ることで、ビジネスチャンスが大きいと言えることは間違いありません。

例えばどのようなものがあるでしょうか。
建設業専門のユニフォームの販売、建築に必要な工具や資材の販売、法人の顧問弁護士、顧問税理士などの士業関連、建設業に必要な各種保険を販売する保険代理店・保険営業、WEBサイト・ホームページの制作・管理、OA機器や事務所備品などの各種商品販売・リースなど挙げれば枚挙にいとまがありません。

営業先と考えれば、これ以上にやり甲斐のあるターゲットの業界はなかなかないかもしれません。
では、どのようにしてアプローチしていくかとなると、テレアポなどの電話営業も悪くありません。
そのためには安価な電話回線の整備、アポインターの人員確保、スクリプトなどマニュアル関連の構築、コール先の確保などが必要となってきます。

例えばコール先の確保においては、建設業名簿リストが何を置いても必須といえます。
質の高い建築関連の新設法人リストなどを集めることができれば、営業の成功への道も遠くはありません。
明日からでもすぐに営業用のリストデータ収集を考えるのもいいかもしれません。

法人電話帳と言えばタウンページ

アメリカなど世界各国で電話帳のことをYellow page(イエローページ)と呼んでいます。
日本でも業種別の法人・企業電話帳が発行されており、名称はタウンページとなっております。最近は電子化、携帯電話・スマホの普及、インターネット文化などであまり手に取ることもなくなりましたが、黄色の表紙を見ればハッとタウンページだと気づくのに時間はかからないでしょう。欧米での名称が日本国内での表紙の色に繋がっているとはなかなかユーモラスなところがあるなと思ってしまいます。

タウンページは地域ごとに発行され自宅に届けられる形になっています。
特徴としては業種別にお店や企業を調べることができるという点にあります。今でこそインターネットの検索で簡単に対応できてしまいますが、昔はふと必要になった時、例えば「疾病の際に病院を探す。」、「記念写真を撮りたい時に写真館を探す。」などといったシチュエーションで気軽に電話帳でお店や病院などを探すといったことがありました。そんな家庭における日常生活に欠かせない存在だったわけです。
このように店舗にとってもタウンページに掲載することはお客様の流入経路として非常に重要だったわけです。

もちろん、今でも数多くの店舗や企業がタウンページ、法人電話帳に掲載されております。
マーケティングの観点から逆に考えますと、BtoBで法人向けの商品やサービスを取り扱っているお客様にとっては格好のターゲットリストであるとも言えます。

法人電話帳を活用することで、電話営業(テレフォンアポイント)、ダイレクトメール(DM)などの対象の選定がしやすくなります。
iタウンページのサイトでは、都道府県や市区町村などの地域ごと、さらには業種ごとといったセグメントができますので、簡単に営業先を見つけることが可能です。
また、地域のタウンページ電話帳購入も可能なようですから、購入してみるのも一つの手かもしれません。

古き良き時代を飾った黄色のタウンページがネット全盛の現代社会においても日常生活やマーケティングに活用されているのは、なんだか良い気分になりますね。

企業名簿リスト

「ダイレクトマーケティングにはターゲッティングが重要です。」

一概にダイレクトマーケティングと言っても、その手法は様々あります。ダイレクトメール、Eメール、テレマーケティング、FAXDM、インターネット広告などが主と言えます。
そしてターゲットのリスト化こそがその第一歩となります。
企業はリストを作るために、既存の顧客はもちろんのこと、無料やお得な特典付の様々なオファーを試みるなどの施行を行っています。
より濃度の濃いターゲットリストを作るためには多大なるコストが必要となります。

BtoBスタイルの営業活動で考えるとどうでしょうか。
例えば展示会に自社製品のブースを設置して興味を持ってくれたお客様と名刺交換をして、その後アプローチをかけるというやり方もあります。
この場合、ブース出店費、当日および準備への人件費、ブースでの様々な備品代などがコストとして考えられ、かなりのコストとなってしまいます。
しかし、担当者レベルでのターゲッティングが完了するのでかなり効果的なリストであると言えます。

他にはインターネットでgoogleやyahooなどの検索サイトを使って、自社の製品やサービスのニーズに合いそうな企業を手作業で探し、見つかった企業をExcelなどへのコピーアンドペーストでリスト化するという方法もあるかと思います。そのリストを使って電話などの営業をかけていくイメージでしょうか。これは無料のサービスを使うわけですから、一応は無料でリスト作成が可能です。

ですが、この作業は本質的には作業者の人件費、時間などがかなりのロスとなってしまいます。数時間作業してようやく100件、200件といった数のリストを作成できるでしょうか。
人件費に置き換えると10,000円以上はかかってきます。たった100件程度のリストと考えると、1件あたり100円ものコストがかかると考えられます。

その解決策として企業名簿を購入するという形はどうでしょうか。
地域や業種などでのセグメントはもちろんですが、資本金や従業員数などの企業規模でのセグメントも可能です。

法人名簿リストであれば、1件あたり20円程度がせいぜいなものです。
自分たちでインターネットを見てリスト化するよりも1/5以下のコストでダイレクトマーケティングが始められると考えれば、かなり安価な形で営業活動を始められるといえるでしょう。

バルタザール

バルタザール(Baltazar)とは新約聖書に登場する東方の三博士の1人とされ、この東方の三博士がイエス・キリストの誕生時にやってきてこれを拝んだとされています。
新約聖書の中ではこのバルタザールという名前は一切出てこないが、7世紀ごろからの西欧の言い伝えでは、乳香、神性の象徴、壮年の姿の賢者といった形で伝聞されています。
他にはメルキオールとカスパールという人物が東方の三博士として伝えられています。

そのバルタザールという名を冠したアメリカロサンゼルスのレザーブランドがあります。
HTC(HOLLYWOOD TRADING COMPANY)でデザイナーをやっていたグースデュラルテが立ち上げたブランドで、欧米のセレブリティの中でも話題を呼び、ハリウッド女優でもあるキャメロン・ディアスや、マイケル・ジャクソンのTHIS IS ITでの起用が決まっていたギタリスト、オリアンティもバルタザールの愛好者として知られています。
スタッズやスワロフスキーで装飾されたベルトやストラップ、ハンドカフ、ウォレットなどはパンクロックのテイストを色濃く演出し、アメリカ国内のみならず日本や世界各国で人気を博しています。
デザイナーのグースデュラルテはバイクをこよなく愛し、NO GOODERSというバイクチームを立ち上げていることもあり、バルタザールのアイテムはバイカーファッションとも相性が抜群で、実際にバイカーにも愛好者が非常に多くなっています。

また、バルタザールは日本国内ではHYSTERIC GLAMOURやCOOTIEなどのブランドとのコラボレーションでも知られており、さらなる人気を博していくことは必然かもしれません。

ダイレクトマーケティング

ダイレクト・マーケティングは広告のチャンネル不可知論者の形式である、それはビジネスと非営利団体を許可する、顧客に直接に通信する組織、広告する技術で、それは携帯電話テキスト・メッセージを含んでいるかもしれない、電子メール、対話型の消費者ウェブサイト、オンライン・ディスプレー広告、飛ぶもの、カタログ分配、宣伝用の文字、また屋外広告。
ダイレクト・マーケティング・メッセージは、顧客、データおよび責任能力への焦点を強調します。
ダイレクト・マーケティングを識別する特性は次のとおりです:
売買するメッセージは、顧客および(または)顧客に直接出されます。
ダイレクト・マーケティングは目標市場のメンバーをアドレスすることができることに依存します。
アドレス可能度は、電子メール・アドレス、携帯電話番号、ウエブブラウザー・クッキー、ファックス番号および郵便のアドレスを含む様々な形式であります。
ダイレクト・マーケティングは、特定の「アクションへの呼び出し」を運転しようと努力します。
例えば、広告は、自由な電話番号を呼んでくれるかあるいはウェブサイトへのリンクをクリックしてくれるように予想に依頼するかもしれません。
ダイレクト・マーケティングは、顧客からの追跡することができ測定可能な応答を強調します-ミディアムにかかわらず。
ダイレクト・マーケティングはすべてのサイズのビジネスによって実行されます-最も小さな操業開始からフォーチュン500上のリーダーまで。
よく実行された直接広告キャンペーンは、何人の潜在的な顧客がアクションへの明瞭な呼び出しに応答したか示すことにより、肯定的な投資効率を証明することができます。
全国広告は、見通しの情緒的な意識あるいは商標との約束を構築しようとするメッセージを支持してアクションの要請を避けます。
良く設計された一般的な広告さえ、めったに組織の最終結果へのそれらの衝撃を証明することができません。
多くの販売業者はターゲットとされた意識を増加させる金融利点を認識していますが、特別のメディアを使用するいくつかのダイレクト・マーケティング努力は、貧弱な品質鉛板を生成したことで、貧弱なメッセージ戦略により、あるいは貧弱にコンパイルされた人口分析のデータベースのために非難されました。
広告主が彼らの製品に興味を持たない消費者と通信することに金銭を浪費したくないので、これは販売業者と消費者のために問題を同様に提起します。
これらの関係のうちのいくつかは、個々の「選択的離脱」リスト、変数印刷およびよいターゲットとされたリスト慣習の使用によるダイレクト・マーケターによって取り組まれました。
さらに、望まれない郵送物を回避するために、マーケティング産業のメンバーは、顧客にそれらがメールで受け取るマーケティング・コミュニケーションに対するより多くのコントロールを与える優先サービスを確立しました。
郵便局経由で伝えられたか、直接消費者のメール・ボックスに置かれた求められない商用広告を指す用語「ジャンクメイル」は、1954までさかのぼることができます。
用語「スパム」、意味「求められない商用電子メール」は、1993年3月31日にトレースすることができます、その最初の数月で、それはUseNetに反復が有効にかき消した不注意に非常に何度もメッセージをポストすることを単に指しましたが、会話の通常流れ。
2003年に、望まれない電子メールあるいはスパムの関係に取り組むために、連邦議会はコントロールを実行しました、求められていないポルノグラフィーの攻撃およびマーケティング(CAN-SPAM)は望まれない電子メール・メッセージを抑制するために作用します。
できる-スパムは、受取人に望まれない電子メールを止めて、かつ出発する能力を与えます、妨害に対するタフな罰。さらに、ISPおよび電子メール・サービス・プロバイダーはますます有効な電子メールをフィルターするプログラムを開発しました。
人がそれらを受け取るために予約したとしても、これらのフィルタは電子メール販売運動の配達に邪魔をすることができます、正当な電子メール・マーケティングとしての[9]はスパムと同じ品質証明を所有することができます。
ほら、スパムとして分類されないようにするために正当な選択emailersにサービスを提供する一連の電子メール・サービス・プロバイダーがあります。
消費者は、ダイレクト・マーケティングのプライバシーおよび環境上の含意に対する懸念を示しました。
ダイレクト・マーケティングを持った正しい顧客に連絡する有効性を増加させる消費者需要および増加する業務上のストレスに応じて、会社は広告予算を縮小して、大きな効力へのターゲットとされた直接広告を専門とします、浪費する、また増加すること、よりよいgeo-人口統計学情報を備えたマーケティング・メッセージを述べる有効性、顧客だけへの広告メッセージを伝えること、製品に興味を持っていた、サービス、あるいは提示に関する出来事。
さらに、広告業のメンバーはオンラインターゲットとされた広告に関するより厳密なコードを採用するために働いています。

名簿

名簿業者